menu
close

ブログ

投稿日:2024.5.1

歯科矯正のレベリングにはどのくらいの期間が必要?

こんにちは。福岡市博多区にある博多矯正歯科です。
みなさん矯正治療において不安に思ったり、懸念点としてあげられるの1つに治療期間があると思います。どうしても凸凹した歯並びを綺麗にするには、時間がかかってしまいます。今回は、歯が綺麗に並んでくるまでどのくらいの期間が必要なのかについて、お伝えしていこうと思います。

レベリングとは?

歯科 矯正

まず、レベリングという言葉はあまり聞き慣れていないかもしれませんが、矯正治療において凹凸があったり、歯の高さが違ったり向きを矯正装置を用いて正しい位置に並べる段階を指します。

 

このレベリングは、矯正中の段階において1番初めに行われます。この段階がどれくらいの期間で終わるかと言うと、歯の入り乱れている度合いにもよりますがおおよそ半年〜1年と言われています。ワイヤー矯正の場合、初めに装置をつけて細いワイヤーを入れます。1ヶ月ごとに来院していただいて、少しずつ太いサイズのワイヤーにしていくことで歯が並んできます。

 

様々なワイヤーに変更する為、レベリングには時間がかかってしまいます。ですが、1、2ヶ月で少しずつ見た目は改善していくので満足感は大きいと思います!
レベリングだけでは、抜歯後の歯の隙間や噛み合わせはまだ改善していない状態です。しかし、全体の歯並びが綺麗に並ぶかどうかはこのレベリングがベースになってくる為、非常に大事な段階と言えます。

レベリング期間短縮の秘訣!

それでは次に、レベリングの期間を少しでも短くするポイントについてお伝えしようと思います。

①装置が外れたらすぐ連絡する

ワイヤー矯正ではレベリングの段階で、装置が外れてしまったり、ワイヤーが折れてしまったりすることもあるかもしれませんが放置してしまうと、せっかく綺麗に並んだ歯並びもすぐに後戻りしてしまいます。固い物や粘着性のある食べ物は極力食べるのを控えていただいてますが、外れてしまう場合はあると思います。その場合は、急患で外れた箇所だけ付け直すことができるので、ご連絡いただけたらと思います。

②口腔内を清潔に保つ

次に、お口の中を清潔に保つという事です。

 

マウスピース矯正は、マウスピースを外して歯磨きすることができるのであまり心配はないのですが、ワイヤー矯正は歯の表面にセラミックや金属で出来ている装置をつけるので始めは、歯磨きがかなり難しく感じると思います。難しいからといって毎日の歯磨きを適当にすませてしまうと、汚れが溜まり歯肉が腫れてしまい痛みが出てきたり、汚れが歯石になって歯と歯の間や装置の周りに付いてしまうと、歯の動きを悪くさせてしまうことがあります。

 

歯石というのは、歯に付着した硬い堆積物のことを指します。歯石は、口腔内に存在する細菌や唾液中のカルシウムなどのミネラルが結合してできるもので、通常の歯ブラシやフロスでは取り除くことが難しい硬い表面を持っています。歯石は、歯垢(プラーク)が長期間歯に付着し、石灰化してできるものであり、口腔衛生状態が悪化すると歯石がたまりやすくなります。
歯石を取り除く方法としては、歯科医院でのプロフェッショナルなクリーニングが一般的です。歯科医師や歯科衛生士が専用の器具を使用して、歯石を除去することができます。治療の妨げになるような歯石は、こちらで除去しますが、時間も限られているので毎回クリーニングと調整を一緒にできるわけではないので、お口の中を清潔に保つという患者様の協力が不可欠になってきます。

 

レベリング後の次の段階!エラス(顎間ゴム)

エラス 顎間ゴム

レベリングで歯をある程度並べた後は、奥歯をしっかり噛ませたり、前歯の噛み合わせを正しくするためにワイヤーを曲げて調整をしたりします。その際にゴム掛けというものを使ってもらうこともあります。
ゴム掛けには、いくつかの種類があります。例えば、歯と歯を引き合わせるためのエラスティックスやクロスエラスティックス(上下の歯列を引き合わせるためのゴム)などがあります。

 

 

最終段階!スペースクローズ

噛み合わせが正しい状態になったら、次はスペースクローズという段階に入ります。パワーチェーンと呼ばれるゴムを矯正装置につけて歯を動かしていきます。裏側の矯正の場合は、見えにくいので問題ないのですが、表側の矯正でパワーチェーンを使って隙間を閉じる際は着色に注意が必要です。いくつかご紹介します。

1.カフェイン飲料

コーヒー

コーヒーや紅茶、などのカフェインが含まれているものは着色しやすいので摂取した後はうがいをしたり、できれば歯磨きをしたほうが着色は防げるでしょう。

2.カレーやソース

カレー

色の濃い食べ物だったり、カレーは特に半透明のパワーチェーンが黄色く着色してしまいます。

3.赤ワインやジュース

赤ワイン

こちらも着色しやすいので、飲む際は気をつけましょう!

 

着色が気になるけど、どうしても食べたい、飲みたい場合は調整の前の日だったりに摂取するのがおすすめです。基本的には、パワーチェーンで隙間を閉じている人は毎月の調整で、新しいものに交換します。
このパワーチェーンの力だけで、隙間を閉じるのが難しい場合は先ほど出てきたゴム掛けを併用してもらったり、ワイヤー自体を曲げて隙間を閉じる方法もあります。

 

スペースクローズの段階は抜歯をして矯正をする方だけになります。この段階も、レベリングと同じくらいの期間がかかると言われています。
抜歯した隙間はだいたい、1ヶ月に1ミリくらい閉じていくと言われています。例えば、抜いた歯が7ミリだったとしたら、約7ヶ月、半年以上はかかることになります。
隙間が全て閉じた後は、ワイヤーを曲げて細かい調整をしたり、歯の真ん中と顔の真ん中がずれていたら、ゴム掛けや歯と歯の間をすこしだけやすりがけして隙間をつくり合わせていったりする作業があります。歯の真ん中は『正中』と呼ばれますが、もともと顎のずれがある場合はきっちり合わない場合もあります。

 

当院では、隙間がある程度小さくなって奥歯がしっかり噛めていればワイヤー矯正からマウスピース矯正に移行することができます。ゴムで隙間が閉じにくく、治療が長期化しそうな場合はマウスピースのほうで隙間を閉じる方が早いケースもあるので矯正期間を短くすることができます。表側の矯正の方は特に見た目も気になると思うので、マウスピースで微調整できるのはとても大きいと思います。

 

 

博多矯正歯科では、マウスピース矯正、ワイヤー矯正(表側、裏側)と、患者様のニーズに合わせた装置をお選びしていただけるのがメリットです。又、アンカースクリューを用いた治療もしておりますので、歯の大きな移動を要する場合もスピーディーに動かすことができます。

 

 

今回は、レベリングにどのくらい時間がかかるのかについて始めにお話しさせてもらいましたが、矯正治療はどうしても短期間で終わることは難しいです。レベリングはの期間はまだ装置に慣れるまで時間がかかったり、食べたいものが食べれないなど、きつい部分もありますが少しずつ綺麗になることを想像して頑張りましょう!
レベリングだけで、平均として半年以上かかってしまうので、結婚式や大きなイベントのために矯正したい!と思い立ったその時に始めるのが1番だと思います。大事なイベントまで時間がない、、という方でも、少しでも早く装置が着けれるように、隙間が閉じるように工夫させてもらうので一度ご相談ください。

 

当医院では、無料カウンセリングを行なっておりますのでそちらで詳しくお話しできたらと思います。
では、次回もお楽しみ。

 

患者様の満足度調査を実施しております。

少しでも患者様にとってより良い⻭科医療を提供するため、第三者機関のNPO法人 日本⻭科医療評価機構に依頼をし、患者様の満足度調査を行っています。患者様の率直なご意見をいただき、改善すべき点は真摯に受け止めていきたいと思っています。当院には患者様の個人情報は一切伝えられませんので、是非、皆様の忌憚のないご意見をお聞かせください。

NPO法人 日本⻭科医療評価機構の調査結果は以下バナーよりご確認ください。


日本⻭科医療評価機構がおすすめする福岡県福岡市・博多駅の⻭医者・博多矯正歯科 KITTE博多院の口コミ・評判

※日本⻭科医療評価機構とは日本⻭科医療評価機構は、ネットで⻭医者を検索してみたが、どこに行けばいいか分からない、診療時間や場所のメリットだけではなく、本当に信頼して通える⻭医者を探したい、そんな患者様のために本当に信頼して通える⻭科医院を評価・認定することを目的とした組織です。