こんにちは!博多矯正歯科です。

今回はガミースマイルについてお話します。

 

 

 

ガミースマイルとは?

ガミースマイル

ガミースマイルとは、笑った時に、歯茎が大きく露出し目立ってしまう状態をいいます。

特に、上の前歯の歯頚部と呼ばれる歯茎と歯の境目からおよそ3−4mm以上歯茎が見えている状態を指します。

このように笑ったときに見える歯茎が気になり、口元を手で隠す癖がついてしまったり、思いっきり笑うことができなくて辛い、という方が多くいらっしゃいます。

 

一方で、見た目は気になっていなくても、ガミースマイルの方は前歯が前方に出ているケースが多く、口が乾燥しやすく歯周病、虫歯のリスクが高まるというデメリットがガミースマイルにはあります。

ではガミースマイルになってしまう原因は何でしょうか?

 

 

ガミースマイルの原因

ガミースマイルの主な原因として3つあげてみます。

 

1、歯の長さが短い、歯の位置が低い

歯茎が歯を覆う量が多くなっている(結果的に歯の長さが短くなる)場合や、歯の生えている位置が元々低い場合、笑った時に歯茎がその分多く露出してしまいます。

 

 

2、上顎の骨の発達が過剰

上顎が前方に過剰に発達していることで、歯茎のアーチ自体が上下口唇内に歯が収まりきらず、ガミースマイルになります。

いわゆる出っ歯の方に多いといえます。

 

 

3、上口唇を上げる力が強い

上口唇を持ち上げる口周囲の筋肉が発達している場合、笑った時に必要以上に上部に引き上げられてしまうため、歯茎が露出しやすくなります。

 

 

ガミースマイルの改善には?

ガミースマイルの改善にはいくつかアプローチがあります。

 

1、歯茎へのアプローチ

余分に覆われている歯茎を切除し、短くなっている歯の長さを長くして見た目の改善を図ります。

また、後戻りを考慮して、歯茎だけでなく、歯を支える骨の形の調整も入れることがあります。

 

2、口周りの筋肉へのアプローチ

上口唇周りの筋肉の過剰な力を抑えるために、筋肉の緊張を抑える注射を行います。

 

3、骨格へのアプローチ

上顎の骨の前方への過剰な成長に対応するため、上顎骨の一部を切除するといった外科的な処置が必要になる場合があります。

 

4、歯並びや歯列位置へのアプローチ

前方に傾斜した前歯や、V字型になった歯列をU字型の歯列に改善していきます。

これには矯正治療が必要です。

 

 

これらのアプローチはどれか一つだけ、というわけでなく組み合わせて治療にあたることが多いです。

 

今回は、4番目の歯並びへのアプローチとして、矯正治療で具体的に行う処置を説明しておきます。

 

 

ガミースマイルを矯正治療で改善するには?

 

・歯列を後ろへ下げる

歯列を下げて前方に傾斜している歯は内側に傾斜させV字型アーチからU字型アーチへ、また、全体的に前方に出ている歯列弓は後方に引き、口元の突出感、出っ歯を解消していきます。

この際、歯列を下げるためのスペース作りとして、抜歯を行うことがあります。

さらに、奥歯を後方にずらしながら歯列全体を下げるために、「矯正用インプラントアンカースクリューと呼ばれる小さいネジを頬側の歯茎、歯槽骨に入れることがあります。

このスクリューを固定源にしてゴムやチェーンを歯に引っ掛け、歯列全体を後ろに下げていきます。

これによって、上下口唇内に収まりにくかった前歯が収まり易くなることで、笑ったときの歯茎の露出が抑えられます。

 

 

・歯の位置を上に引き上げる

矯正治療では、歯の圧下といいます。

歯が生えている位置が下の方にある場合に、歯の位置を上へ引き上げることで、見えやすかった歯茎の露出を抑えることができます。

この場合も、引き上げるための固定源として、矯正用インプラントアンカースクリューを利用することがあります。

 

 

・矯正用インプラントスクリューの使用について

矯正用インプラントスクリューについて、痛そう、怖いというイメージを持つ方もいるかもしれませんが、心配はいりません。

長さは約6-10㎜、直径は1.4-2.0㎜ほどの非常に小さいもので、処置は局所麻酔をして行い、処置後の痛みもほとんどありません。

このスクリューを使用することによって効果的に、かつ歯の移動をより正確に行うことができるので、矯正治療によるガミースマイルの改善では、積極的に用いられます。

 

 

ガミースマイルの治療をお考えの方へ

ガミースマイルの治療についてお話してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ガミースマイルについては、冒頭でお話したように、歯周病や虫歯のリスクも存在します。

改善することで、見た目の改善だけでなく、お口の健康も維持していくことができます。

 

ガミースマイルが以前から気になっている方、自分に合う治療方法がどういったものなのか聞いてみたいという方は、是非一度診査、相談を受けてみてはいかがでしょうか。