メニュー

矯正期間を短くするためにFast Orthodontics

できるだけ短期間での治療完了を目指す舌側矯正

 矯正治療の基本は、「弱い力を長い間かけ続けること」ですが、長い治療期間はやはりデメリットも多く、職場や学校など多忙な毎日を過ごす患者さまに負担を強いる場合もあります。 「博多矯正歯科 KITTE博多院」では、矯正治療をできるだけ早く終わらせるための工夫やオプション治療を行っています。

長い矯正期間中に起こりうる
デメリット

  • 1虫歯や歯周病への罹患

  • 2ライフスタイルの変化による治療の中断

矯正期間を短くするための工夫

  • デジタル設備の導入

     博多矯正歯科では 各工程にデジタル技術を導入しており、この点は全ての患者さまにご経験いただけます。デジタル技術の利用により、シンプルなフローで孤立的な治療を行うことができます。

  • 院内技工だからスムーズ

     外部の歯科技工所へ依頼するクリニックも多い中、博多矯正歯科は グループ内に技工所を持っています。デジタルデータでのやり取りを行う他、院内とのコミュニケーションもスムーズに行えるので 時間の短縮につながります。

  • 必要に合わせた複合治療

     歯を大きく動かす必要がある等の難症状の場合にはアンカースクリューと呼ばれる固定源を利用した「歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療」など複合治療の選択肢も患者さまの同意のもと考慮にいれます。
     また、舌側矯正によって大きく歯を動かしたのち、 マウスピース型矯正へ切り替え、ワイヤーの装着時間を短縮させる治療方法もございます。患者さまの希望と症状に合わせオーダーメイドの治療方法を考えていくことも 「早く終わらせる」ための工夫です。

矯正期間についてのよくある質問

「矯正期間を短くするための処置」は結果や安全性に問題はないのですか?
博多矯正歯科の「矯正期間を短くするための処置」は必要な工程を疎かにするのではなく、無駄を省き、生体へ働きかけるオプション施術によるため、結果・安全性は通常の矯正治療と変わりません。詳しく見る
裏側の装置は表側の装置と比べて治療期間がかかりますか?
舌側矯正と表側矯正を比べた治療期間についてのご質問でが、治療期間は原則的に変わりません。詳しく見る
矯正治療の通院頻度はどのくらいですか?
舌側矯正では原則3週間に1度ほどの頻度になります。詳しく見る
矯正の治療期間はどのくらいですか?
患者さまの症状によりますが、1年から2年程度とお考えください矯正期間を短くするためのオプション治療も行なっております。詳しく見る

・マウスピース型矯正は完成薬機法対象外の矯正装置であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

※「審美治療」・「ホワイトニング」など
矯正治療以外のカウンセリングご予約は
お電話のみの受け付けとなっております。

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-118-075

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

※「審美治療」・「ホワイトニング」など
矯正治療以外のカウンセリングご予約は
お電話のみの受け付けとなっております。

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-118-075
閉じる