「短期間の矯正治療」で通常の期間よりも治療期間を短くするというのは結果や安全性に問題はないのですか?

 「短期の矯正治療」では、治療の質・安全性は落とさず治療期間を短縮しています。

 期間の短縮が可能な理由はいくつかありますが、博多矯正歯科では、デジタル技術の導入・治療フローの効率化・歯の動きを速める生体への働きかけによって、
通常の治療期間よりも短縮した治療期間を可能にしております。

 また、裏側矯正とマウスピース、インプラント矯正など必要に応じて治療を複合させることで効果的かつ効率的な治療を行っています。

 博多矯正歯科の「短期間の矯正治療」は必要な過程を疎かにするのではなく、無駄を省き、生体へ働きかけるオプション施術によって成り立っています。
詳しくは「短期間の矯正治療」ページをご覧ください。