極力非抜歯で矯正治療を行いたいと考えていますが、非抜歯の治療をした場合、 現在より口元が前に出る可能性があるのではないかと不安です。

口元の突出感が大きくなることはありません。

 抜歯を行わない「非抜歯治療」では、歯をただしく整列させるためのスペースの確保が難しくなります。抜歯を行えば、歯1本分のスペースを確保することができ、その分だけ重なっている歯や前に出ている歯を動かすことができます。非抜歯治療では歯の側面をわずかに削ることで歯と歯の隙間を作る「ディスキング」を行うことや、歯列アーチの大きさを外側へ少し広げることで歯を整列させるスペースを作っていくので、口元の突出が今より悪くなることはありません。

カウンセリング時にご希望をお話しください。

 矯正治療を考えている患者さまには、歯並びを重視している方、歯並びを含めた口元を改善させたい方など、様々なご希望があります。カウンセリング時にそのご希望をお話しいただければ、ご希望に対する最適な治療方法をご提案いたします。
 例えば、出っ歯気味の歯並びを矯正して、側貌(横からみたお口の見た目)を改善させたい場合には、非抜歯治療では大きな改善は望めません。非抜歯治療で口元が突出することはありませんが、歯を整列させるだけでなく、口元の見た目を改善させたい場合には抜歯治療が効果的です。

 また、「非抜歯治療」のひとつとして、現代人にとってはむしろトラブルの元である「親知らず」を抜歯し、歯の整列スペースを作る治療もございます。ただし、精密検査を行い、歯列の様子を確認してみないことには正確に判断することはできません。非抜歯でも口元を自然に改善できた症例もありますので、まずは医院にご相談ください。

 博多矯正歯科は、極力抜歯治療は行いたくないという患者さまのご希望を大切にしており、医院としても可能な場合には非抜歯矯正を行っています。