裏側に装置がついても食事ができるのですか?

 裏側矯正では初めの内は食事の際に違和感を覚えることがありますが、徐々に慣れて気にならなくなります。

 一方、歯の裏側に装置がつくため、歯並びによっては上の裏側の装置と下の歯が当たってしまい、咀嚼に支障が出る場合もあります。
その場合には、奥歯に一時的にかみ合わせ面を作り対処しますのでご安心ください。(咬合挙上用のレジンを使用し噛み合わせを少し高くするイメージです。)
歯が動くにつれて奥歯や前歯は段々と咬んでいきますので、治療が経過するにつれてレジンの削合して行き、最終的にはレジンがなくてもしっかりと咬めるようになります。
こちらの処置は、食事の際の不快さを改善するだけでなく、上の歯と下の歯の干渉を緩和するので、歯の動きを邪魔しない効果もあります。