ワイヤー矯正にくらべ、マウスピース矯正の痛みは少ないと聞きます。
マウスピース矯正で感じる痛みとはどの程度なのですか?

 矯正治療で感じる痛みとは歯が動く際の痛みです。ですので、矯正方法に関わらず痛みが出るのは治療の性質上避けられません。
ただし、マウスピース矯正ではごく一度に動かす距離が短いため、歯に無理な力がかからず、患者さんによってはほとんど痛みを感じない方もいらっしゃいます。

 ワイヤー矯正は付けたてやワイヤーの調整後に痛みを感じることが多いのですが、マウスピース矯正も新しいマウスピースに交換した際に少し窮屈な感じや違和感、痛みを感じます。
「痛み」はじわじわと感じる程度で、「少し気になる」程度の痛みとおっしゃる方が多く、長くは続きません。

 また、裏側矯正やマウスピース矯正では構造上、唇を傷つけることがないので、口内炎のリスクも避けることができ、その意味でも痛みの少ない治療と言えます。