マウスピース矯正に興味を持っていますが、ワイヤー矯正とのイメージの差に
本当に歯が動くのか不安です。

 マウスピース矯正はブラケットとワイヤーによる矯正方法とはかなり違って見えるので、不安に思われる患者さまも多くいらっしゃいます。

 しかし、ワイヤーであれ、マウスピースであれ、歯を動かしていく原理は同じで、治療の基本は「ごく小さな力を長期間、歯にかけていく」ことです。
裏側矯正などのワイヤーを用いた矯正治療では、曲げたワイヤーが戻ろうとする力を利用しますが、マウスピース矯正の場合、少しずつ形の異なるマウスピースに付け変えていくことで歯を正しい位置へと誘導していきます。治療に使用するマウスピースを最初から全て並べると、治療前の歯並びから整った治療完了後の歯並びへ変化していく様子が一目瞭然です。

 ただし、中にはマウスピース矯正で対応できない症状もあるので、ドクターは精密検査時に慎重に診断を行っていきます。