埋入箇所へ局所麻酔を施し、インプラントアンカー用の電動トルクドライバーを使用して アンカーを入れていきます。電動トルクドライバーを使用することでシャフトの先端のブレがないので埋入部の皮質骨を必要以上に広げないため安定して定着しやすくなります。