メニュー

子供の見えない矯正Teen Orthodontics

子供の矯正(小児矯正)

 

kids_02 お子さまの歯並びが気になっているお父さん、お母さんは多くいらっしゃいます。 歯並びやかみ合わせは「見た目」だけでなく「健康」にも関係してくることが近年注目されており、お子さまの健康や健やかな生活を考える上では欠かせないポイントです。
 「博多矯正歯科 KITTE博多院」では、お子さまがきれいな歯並びを手に入れられるよう、こどもの矯正をお勧めしています。 「まだ早いかな?」というお子さまでも、予防的な治療を行いつつ経過観測を続け、矯正に適した時期を見極めることも可能です。

こどもの矯正のメリット

  • 1治療期間が短い

     成長途中の骨は柔らかく、歯が早く動きます。動きやすいため、歯肉退縮や歯根吸収のリスクも極めて低いです。

  • 2骨格自体へアプローチできる

     成長を利用しながらあごの骨へ働きかけ、骨格のバランスを整えることができます。骨格の問題で起こる不正咬合の場合、成人して骨の成長が止まってからでは外科的なアプローチしか選択肢がないことがあります。 かみ合わせに不安がある場合にはこどもの内の治療が効果的です。

  • 3永久歯を失うことなく矯正できる

     子供のうちはあごの成長を促すことで、歯の土台自体を広げることができるので、基本的には永久歯の抜歯をすることなく矯正が可能です。

  • 4虫歯のリスクを低減

     歯並びが悪いと、歯みがきも困難になります。歯並びを整えることで虫歯のリスクを減らし、永久歯を大切にすることができます。

  • 5悪い癖の改善

     「舌だし」や「口呼吸」といった歯並びを乱す悪いくせを発見し改善していくことができます。また、歯並びへ悪影響を与える病気の早期発見も可能です。

子供の矯正のタイミング

 こどもの矯正では開始時期によって矯正の目的や手段が異なり、大きく第1期と第2期に分けられます。 第1期の目安としては 第一大臼歯が生え揃う7才頃です。 この時期の治療では大人のように歯全体にワイヤーをつけることはありません。取り外しのできるマウスピースなどで矯正をしつつ、あごの発育促進・悪いくせの改善等、歯が正しく発育するお手伝いをしていきます。
 永久歯がほぼ生え揃う10才以降は第2期と呼び、大人と同じような装置での矯正が可能ですが、骨格への働きかけを行う点が成人矯正とは異なります。成長中の骨は柔らかく、大人の矯正よりも歯が動きやすいので矯正期間も短いのが特徴です。

kids_02

 乳歯と永久歯が混在している時期の治療です。年齢の目安は6才から7才。 乳歯の時期からかみ合わせが気になるお子さまには予防矯正も行っております。 6才以前のお子さまでも歯並び・かみ合わせが気になる方はご相談ください。
主な治療
・筋機能訓練(口周りの筋肉バランス・舌位置の改善)
・拡大プレートを利用したあごの骨の拡大
・あごの骨の成長誘導など

第1期治療の目的

  • 骨格へのアプローチ

     第1期治療は「歯自体」というよりも「骨格全体」へ働きかけることを目的としています。骨格へ働きかけることで、過成長の抑制・骨格成長の促進を行い、歯が正しく生える土台作りを行います。

  • 悪い癖・病気の早期発見

     歯ならびの悪化の原因を早期に発見する上で第1期治療は意味があります。骨格の問題の他、歯列を悪化させる恐れのある悪い癖や鼻・呼吸器の病気が原因になっている場合もあり、早期発見によって歯列悪化の原因を断つことができます。

kids_03

永久歯がほぼ生え揃う時期の治療です。年齢の目安は10才前後です。永久歯を整え、大人になってからも正しいかみあわせ・きれいな歯並びでいられることを目標に治療を行っていきます。治療に用いる装置は、大人の矯正に使用できるような矯正装置が利用でき、「見えない裏側矯正」や「インビザラインティーン」など思春期のお子さまには嬉しい装置も使用可能です。
主な治療
・裏側矯正
・インビザラインティーンなど

第2期治療の目的

  • 顔・歯のバランスを整える

     歯並びはもちろんですが、お顔(口元)や歯のバランスを整えていくことで、歯や骨格が正常に成長していくよう準備します。

  • 永久歯の萌出スペースを確保する

     生えていない永久歯があるお子さまには、これから生えてくる歯がまっすぐ正しい位置に萌出できるよう、スペースを確保していきます。スペースを確保することで、歯が斜めに生えたり、ガタガタに並ぶことを事前に回避することができます。

就学中の子供だからこそ
「見えない矯正」

 年齢や症状によって最適な装置が異なるため、精密検査後、治療計画とともにどのような装置で治療を行っていくかを決定します。
「博多矯正歯科 KITTE博多院」では歯の裏側に装置をつける「見えない裏側矯正」や、取り外しが可能な上、装着のストレスが少ない「インビザラインティーン」(マウスピース治療)など、 お子さまの気持ちを考えた装置をできるだけ採用しています。

インビザラインティーン

ortho_method_02 マウスピースによる矯正治療システム「インビザライン」の中でも10代の矯正治療に目的を絞ってデザインされた「インビザラインティーン」は、矯正中に感じるストレスを最小限にする画期的な治療方法です。 透明なマウスピースのため、他人から気付かれにくい上、通院頻度も1〜3ヶ月に1回と少なく、保護者の方の負担も小さいことが特徴です。 もちろん「小学生」・「中学生」のお子様のことを第一に考えた治療方法です。

  • 1マウスピースは取り外しできる

    取り外しが可能なので、お子さまが自分で外した後、通常通りのブラッシング・お手入れを行うことができます。矯正中は虫歯に気をつけなければなりませんが、インビザラインの場合にはいつも通り歯磨きができるので、虫歯のリスクが最小限に抑えられます。

  • 2透明で目立たない・気付かれない

    一人一人の歯にぴったり合うマウスピースを歯の上から装着するだけ。透明なので、見た目には分かりません。思春期のお子さまにはうれしい装置です。

  • 3通院頻度は1〜3ヶ月に1回

    症状によって違いはありますが、インビザラインティーンの治療は1〜3ヶ月に1回の通院で間に合います。そのため、通常の矯正治療と比べて時間と費用を節約できます。

  • 4歯をゆっくり動かすから痛くない

    マウスピースの交換期間(ステージ)が短く、一度の移動が0.25mmと小さいため、従来の矯正に比べると無理な痛みを感じません。また、マウスピースは滑らかなプラスチックでお口の中を傷つけないので、口内炎に悩まされることもありません。

  • 5装着時間を目で確認

    「インビザラインティーン」には装着時間を示すインジゲーターが組み込まれています。1日20時間以上装着する必要があるマウスピースを、お子さまがしっかりと利用しているか、お父さま・お母さまが目で確認することができるので安心です。

裏側矯正(リンガル矯正)

kids_07従来の表側矯正と異なり、ワイヤーを歯の裏側につける矯正方法が裏側矯正(舌側矯正)です。さまざまな症状に対応できる他、前歯を後ろに引き込みやすいなどの特徴があります。装置が裏側につくため、人からは気付かれにくく、ワイヤーやブラケットで唇を傷つけることもありません。

  • 1装置は裏側だから「見えない」

    ブラケットとワイヤーを使用していても、歯の裏側だから目立ちません。

  • 2いち早くきれいな歯並びに

    裏側矯正治療では治療のなかばの段階で、前歯が揃ってきれいな歯並びを実感することができます。目に見えた変化によって治療へのモチベーションを保ちやすい一面もあります。

  • 3歯の表側をきれいに保てる

    歯は裏側の方がエナメル質が厚いという特徴があります。そのため裏側矯正治療では、装置の着脱によってエナメル質を傷つける可能性が低く、虫歯にもなりにくいという利点があります。

  • 4スポーツを我慢せずに楽しめます

    サッカーなどのボディコンタクトのあるスポーツ、水泳などアクティビティも治療中に楽しんで頂くことができます。万が一、口元に何かぶつかっても 装置は歯の裏側なので、唇を傷つけることがなく安心です。

一生モノの歯を
大切にしてほしいから

 日本では矯正治療が必要な方の約2割程度しか実際に治療を行っていないと言われています。歯並びに対する意識は国や文化によって異なりますが、 「歯」や「歯並び」の健康への影響は大きなものであることが近年わかってきています。
 子供のうちの矯正治療は大人になってからの矯正治療よりもずっと簡単に行うことができます。矯正装置も日々進化しており、お子さまの負担へ配慮したものも登場していますので、歯並びに不安があるお子さまの矯正治療のハードルは以前よりも下がっています。
 お子さまの矯正治療は、歯のケアの大切さを学び、デンタルIQを向上させる良い機会でもありますので、 歯並びやかみ合わせに少しでも気になることがありましたら、ぜひ一度ご相談ください。

こどもの見えない矯正についてのよくある質問

子供の矯正でもインビザラインは使用できますか

子供の矯正についてのご質問です。
詳しく見る>



通院の頻度はどのくらいですか。

通院の頻度についてのご質問です。
詳しく見る>



矯正の治療期間はどのくらいですか?

矯正の治療期間についてのご質問です。
詳しく見る>



治療後に元に戻ることはありませんか?

アフターケアーについてのご質問です。
詳しく見る>



矯正治療は保険が効かず高額とききましたが本当ですか?

治療費についてのご質問です。
詳しく見る>

無料カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

※ホワイトニングのご予約は
お電話でのみ受け付けております。

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-118-075

ご予約・無料カウンセリングの
お申し込みはこちら

※ホワイトニングのお申し込みは
お電話でのみ受け付けております。

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-118-075
閉じる