保定装置(リテーナー)にはどんな種類がありますか?

保定装置(リテーナー)は大きく分けて取り外し式と固定式に分かれます。主流は取り外し式ですが、歯の後戻りを防止するという意味ではどちらも同じです。最近は透明な部品を使った目立たない保定装置(リテーナー)も増えてきました。
当院では基本的には透明で目立たないマウスピースタイプのリテーナーを使用しています。

リテーナーの種類

  • 1ベッグリテーナー

    取り外し式の保定装置で全周、裏側がプラスチック表側が金属のワイヤーです。最もポピュラーで後戻り防止します。

  • 2ホーレーリテーナー

    取り外し式の保定装置で裏側がプラスチック。前歯部分のみ金属のワイヤーです。前歯部の後戻りを防止します。

  • 3QEMリテーナー

    取り外し式の保定装置で裏側がプラスチック。前歯部分のみ金属のワイヤーです。前歯部の後戻りを防止します。

  • 4QEMリテーナー

    取り外し式の保定装置で裏側がプラスチック。前歯部分のみ金属のワイヤーです。前歯部の後戻りを防止します。

  • 5クリアリテーナー

    取り外し式の保定装置で透明なプラスチックのマウスピースです。透明なので保定装置が目立たず後戻り防止します。

  • 6ボンダブル リンガル リテーナー

    固定式の保定装置で歯の裏側に接着します。ワイヤーは裏側なので保定装置が目立たず後戻り防止します。

  • 関連するよくある質問
    保定装置(リテーナー)の種類を途中で変えることはできますか?