こんにちは。

博多矯正歯科、歯科衛生士の桝井です。

当院のブログをご覧いただきありがとうございます。

 

オーラルグッズ

今回は矯正治療中の歯磨きについてお伝えしていきたいと思います。

 

歯磨きは日常的に行なうものですが、矯正治療中は特に念入りに行なう必要があります。

矯正装置は取り外しができないようになっているため、歯磨きは装置を装着した状態で行なっていただきます。(マウスピース矯正は着脱可能なので除く)

 

装着中は食べ物が装置の間に挟まりやすく、汚れも溜まりやすい状態です。

矯正治療前と変わらないブラッシングの仕方では、矯正装置に溜まってしまう汚れを取り除くことは不十分で、そのまま放置すると虫歯や歯周病の原因となってしまいます。

 

特に裏側矯正の場合、矯正装置と歯肉が近いため、歯肉が炎症して腫れるとあたって痛む事がありますので注意が必要です。

 

矯正中は矯正装置に合ったブラッシング法を行ない、矯正治療を完了させるまで歯と歯肉の健康を患者様自身でも保つように心掛けてください。

 

矯正中のブラッシングには通常の歯ブラシの他に、タフトブラシと呼ばれる毛先の小さい歯ブラシや歯間ブラシを使用していただきます。

矯正装置とワイヤー部分の隙間に入った汚れを取り除くことが出来ます。

当院では初回に必ずお渡しして、模型にて磨き方の説明を行いますのでご安心ください。

 

また矯正中はワイヤーを通すためフロス(系ようじ)は使えませんのでご注意ください。

 

〜磨き方の手順〜

 

矯正中の歯磨きでも、最初は普段通りの歯ブラシで磨いていきます。

歯の全体を磨くことができたら、タフトブラシや歯間ブラシを使って矯正装置の部分やワイヤーの隙間に溜まった汚れをしっかり磨きましょう。

 

この時、歯ブラシは基本鉛筆を持つように持ちます。余計な力が入りにくく小回りがきき、小刻みに動かすことできます。

 

強くしっかり歯ブラシを動かした方が、汚れが落ちるような気持になりますが、歯ブラシの圧が強いことで歯茎を下げる原因になってしまうので、力の圧に注意して磨きましょう。

 

また歯磨き粉の泡がたくさんあると見えづらいので、一度吐き出していただくか、うがいをしても大丈夫です。

より正確に磨く為にも鏡で見ながら磨くことをおすすめします。

 

普段通りの歯磨きの後、タフトブラシを用いて装置の周りや歯と歯肉の境目に細かく毛先を当てましょう。

タフトブラシ

矯正装置の凸凹したところには、治療が進むにつれてゴムのチェーンをかけたりしますので、歯石等が溜まらないよう日々の清掃をお願いします。

 

次に歯間ブラシを使って、ワイヤーや矯正装置の側面を磨きます。

歯間ブラシ

ワイヤーにもプラーク(歯垢)がつきます。

歯周病や虫歯、口臭の原因になりますので、忘れずに磨きましょう。

 

歯間ブラシは歯と歯の間に通しますが、当院では矯正装置が装着されている方には歯とワイヤーの隙間に沿わせて使う事もおすすめしています。

少し想像しにくいと思いますので、必ず実際にお見せして説明致しますのでご安心ください。

 

矯正用アンカースクリュー(矯正用の小さなネジのようなインプラント)を装置している方は、そちらも併せてタフトブラシで清掃をお願いしています。

 

矯正治療中は場所によって使う歯ブラシを替えたりなど、普段より手間がかかってしまいますが、その手間と一工夫でよりきれいに磨くことが出来ます。

毎食後の歯磨きをしっかりして頂くのがベストですが、朝やお昼は忙しくて丁寧に歯磨きを出来ない方は、夜は時間を作ってしっかり磨いて下さい。

今回のポイントが少しでも参考になればと思います。

 

始めはお口の環境が大きく変わり難しく感じると思いますので、もしお困りの際は来院時に歯科衛生士までお気軽にお尋ねください。