こんにちは!

 

博多矯正歯科 衛生士の夏井です。

 

今回は裏側矯正について詳しくお話させて頂きます。

 

 

矯正歯科治療を検討している方にとって、気になることの一つとして、装置が目立つことがあります。

 

裏側(舌側)矯正は装置を歯の裏側に装着する治療方法で、装置が表側から見えないため、周りの人の視線を気にすることなく、きれいな歯並びを手にいれることができるのが最大の特徴です。

 

「歯並びをキレイにしたいけど装置が見えることに抵抗がある」

「接客業など仕事で装置が見えるのが困る」

「結婚式、成人式、卒業式など、装置を付けて写真に残したくない」

など、装置の見た目を気にされる方におすすめの治療方法です。

 

【裏側矯正】

裏側矯正

マウスピース型の取り外しが出来る装置とも異なり、歯に直接取り付ける装置であるため、細かい調整がおこなえ、仕上がりがより綺麗になります。

 

裏側(舌側)矯正と表側矯正を比較すると、ブラケット(矯正装置)同士の距離は、裏側矯正の方が短くなります。

これにより、表側矯正よりも裏側矯正の方が比較的歯にかかる負担が少ない、前歯が内側に引っ込みやすく、口元の印象も変わりやすいと言われています。

 

裏側に装置がある事で舌癖防止になり、矯正治療後の後戻りのリスクの軽減にもなります。

 

表側に装置がつかないので、矯正治療を行いながらオフィスホワイトニングもおこなえます。

歯並びも歯の色も気になる、せっかく矯正しているのに色が黄ばんだままはイヤ、といったご希望にも答えることが出来ます。

(ホームホワイトニングはマウスピースが装着出来なくなるので行なえません。)

 

また、当院ではご希望によってハーフリンガル(上の歯だけ裏側に装置をつけ、下は表側に装置をつける矯正方法)もおこなっています。

 

下の唇によって矯正をしていることがあまりわからないので、上下とも裏側矯正だと費用が高いと悩まれる方にもおすすめです。

 

矯正の際、歯並びの状況によっては抜歯をする場合があります。

抜歯をした際に、隙間が閉じるまで、その隙間が気になる方もいらっしゃいますが、仮歯を装着する事も出来ますので、見た目を気にする必要はありません。

 

【注意点】

とにかく見た目を最優先出来る裏側矯正ですが、お伝えしておくべき注意点もあります。

 

滑舌に影響がでる場合がある

歯の裏側に矯正装置(ブラケット)を装着するので、装置が舌に触れたりすることでスムーズな発音がしにくくなる場合があります。

(ハーフリンガルにした場合、下の歯は装置が表側につくので、舌に装置が触れる違和感は軽減できます。)

基本的には慣れればいつも通り発音できるのですが、しゃべることを仕事にしている方は、専門医と相談してみてください。

 

装置が外れるリスクがある

歯の裏側は表側に比べてデコボコしているため、しっかりと歯に合わせた装置を作るのには時間がかかったり、また治療の難易度が高いため歯を動かしていく際の調整に時間がかかることがあるとされています。

噛み合わせや食事によっては噛んだ時の力で装置が外れてしまう事もあります。

当院では急患枠で出来る限り対応していますが、患者様ご自身にも食事等気をつけていただく必要があります。

 

表側矯正に比べて費用が高い

表側に比べて歯の裏側はデコボコしているため患者様一人ひとりに合わせた専用の装置を作製しなければいけません。

また、技術的にも難易度が高くなるのでその分費用は高くなります。

 

歯磨きが難しくなる

裏側なので鏡でも中々見えづらく、歯磨きが難しく感じる方もいらっしゃいます。

ご自身でも気づかずに、歯ぐきに炎症が起きている場合もあります。

日々のケアがとても大切になってきますので、当院では清掃用具をお渡しして、磨き方のお伝えもしています。

 

 

当院のカウンセリングでは、どのような歯並びになりたいか、どの歯列矯正方法で歯並びを治したいか、費用はいくらかかるのかなどを話し合います。

上記の注意点が不安な時は、お気軽にご相談ください。