矯正治療をして歯並びが改善することで、口元だけでなく、お顔全体の印象、表情も変化していきます。

中でも「人中」と呼ばれる、鼻の下から上口唇にかけてのくぼみの変化は矯正治療ではよく感じられるところです。

この人中の変化は、矯正治療として抜歯を含めて進めたか、あるいは抜歯をしない、いわゆる非抜歯で進めたかによって少し異なってきます。

今回は、こういった矯正治療における抜歯と人中の変化の関係性について掘り下げてお話していきます。

 

抜歯の場合

口元の変化

抜歯矯正を行った場合、よく聞かれるのが「人中が短くなった気がする」というものです。

抜歯を治療計画に含める症例として、出っ歯を例にあげてみます。

出っ歯はもともと口元が突出しており前歯が前方に傾斜しているため、口を閉じようとすると人中や上口唇を意識的に延ばさなければならず、やや老けた顔の印象になってしまいます。

こういった出っ歯を、抜歯を行ってスペースを作り、前歯を後退させる、あるいは歯の軸を内側に傾斜させ、改善していくことによって、意識的に人中や上口唇を延ばさなくても、自然と口を閉じることができるようになります。

これによって、人中が延びることがなくなり、見た目として人中の長さも短くなったように見え、若々しい印象になるという変化があります。

しかし、前歯が引っ込んだことによって口元の立体感がなくなり唇のツンととがってた部分がなくなるため、伸びて見えるという人もいます。

人中が延びたり、短くなったり、実際に長さが変化することはありませんが、矯正治療によって得られる見た目の変化の一つです。

実際、矯正してどのように顔が変化するかはやってみないとわからない部分もあります。

あくまで歯列矯正は歯並びを整えるためのもので、顔を変えるためのものではないということをご理解ください。

 

 

非抜歯の場合

一方で、非抜歯で矯正を行った場合、抜歯で矯正治療した場合とは逆に「人中が長くなった」「口元が少し出ている気がする」という変化を感じる方もいらっしゃいます。

そもそも歯並びのガタつきが生じている原因の一つは、すべての歯がきっちり並ぶスペースが不足していることですが、非抜歯の場合、歯を抜かずに無理やりそのスペースを作って歯を並べていくことになります。

この歯を並べるためのスペースを確保する方法として、やや歯列のアーチ全体を外側に広げるというアプローチがあります。

ただこの方法で歯を並べていくと、前歯の歯並びはやや前方に膨らんだ状態に仕上がり、結果的に歯のガタつきは改善されるけれども、やや口元が出ている印象になってしまいます。

つまり、出っ歯の時と同じ原理で、お口を閉じる時に人中が延ばされ、元の人中よりやや長くなった見た目になってしまうということです。

このケースも個人差があるため一概には言えません。

非抜歯による矯正治療は、健全な歯を残すことができるというメリットがありますが、矯正治療後の口元において上記のように変化する可能性もあります。

すきっ歯が悩みで矯正する場合は、スペースが余っている状態ですので、非抜歯でも口元が出ずに矯正をすることが可能です。

 

まとめ

ここまで矯正治療における抜歯と人中の変化の関係についてお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか。

抜歯か非抜歯かによって、矯正治療後の口元に違いが出てくることも知っていただけたかと思います。

矯正治療では、ただ歯を一列に並べたり、機能的な部分を改善したりというだけではなく、顔貌、上下の口唇の閉じ方、横顔、笑った時の口元の印象などをトータルで見ていく必要があります。

今回のテーマでもある人中の変化については、口元の印象を大きく左右する要素の一つといえます。

抜歯、非抜歯のいずれで治療を進めていくのか、治療後の口元のバランスとの兼ね合いはどうか、については事前にしっかりとカウンセリングでお話をした上で決めていくことが重要です。

これから矯正治療を検討されている方は是非、今回の記事を参考にしていただければと思います。