【受け口ってなに?】

下顎前突

受け口とは、正常な咬み合わせと比べて、下の歯のほうが上の歯と比べ前で咬んでいる(下の歯が上の歯より前に出ている)状態をいいます。

また、受け口という呼び方のほかにも【反対咬合(はんたいこうごう)】【下顎前突(かがくぜんとつ)】【しゃくれ】などとも呼ばれています。

 

正常な咬み合わせとは、上の歯が下の歯よりも前で咬む状態をいいます。

(下の歯の上に、上の歯がかぶさっている見え方)

 

受け口の原因としては

遺伝や顎の成長期、生え変わりの時期における癖などが考えられます。上下の顎のバランスが合わない場合は遺伝が関わっていることが多く、歯の生え方のみが原因の場合は生え変わり時期の癖や特定の歯に力がかかり続けるような癖、生活習慣などが関わっていると言われております。

 

【遺伝が原因の場合】

遺伝による場合は、何も対策をしなければ受け口になる可能性が高くなります。

その他にも、顎の形や大きさ、歯並びも遺伝による影響があるといわれており、ご両親・祖父母などにしゃくれた顎(受け口)の方がいらっしゃる場合は生まれつき受け口になることもございます。その場合は、お子様のあごの発達状態をよく確認する必要がございます。

 

【骨格の発達異常や発育不全が原因の場合】

下顎の成長度合いと比べ、上顎の成長が少ない場合も受け口となる可能性が考えられます。また、普段から柔らかい物をよく食べていたり、しっかり噛まずに食事をしていると顎の発達に影響を及ぼし、顎の発育不全が受け口に繋がる可能性がございます。普段から固い物もしっかりと食べ、よく噛むことを心がけていきましょう。

 

【癖などが原因の場合】

小さい頃から下の前歯を舌で押す癖や、下顎を前に突き出して遊ぶ癖が長く続くと受け口になることもございます。また、鼻炎など、鼻づまりがあると鼻で呼吸する事ができず口呼吸になります。口呼吸が癖になっている場合も、受け口になりやすいと言われております。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

受け口には、軽度・中度・重度があります。

歯や歯列が変形している状態を軽度

不正咬合の状態を中度(正しく噛み合っていない・歯並びや噛み合わせがよくない状態)

遺伝要素が強く、骨格の問題が大きい状態を重度 といわれております

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

軽度の治療方法の例

軽度の受け口の場合、大掛かりな治療は必要なく、時間はかかりますが負担の少ない歯列矯正を行うことできれいな状態に近づけていきます。

軽度の受け口は、顎の骨ではなく歯のゆがみによるのもが多く歯列矯正を行う際、専用の特殊なワイヤー(または矯正用マウスピース)や顎間ゴムなどを使用し行うため、一般的な歯列矯正とほとんど変わらない治療法となります。

 

中度の治療方法の例

中度の受け口の場合、歯列矯正の中でも抜歯を行うことで見た目や咬み合わせをきれいな状態に近づけていくことが多く、前歯と奥歯の間にある小臼歯を抜くことで5mm程のスペースができる為、このできた隙間を使用しきれいな状態に近づけていきます。

その他、矯正用インプラント(歯科矯正用アンカースクリュー)の使用や軽度同様、専用の特殊なワイヤー(または矯正用マウスピース)や顎間ゴムなどを使用し歯列矯正を行う方法できれい状態へと近付けていきます。

 

重度の治療方法の例

骨格の問題が大きく歯列矯正のみでは対応できない重度の受け口の場合、当院では外科矯正(サージェリーファースト)を行うことできれいな状態へと近づけていきます。

サージェリーファーストは近年進歩してきた矯正方法で、顎変形症が原因の歯並びと顔立ちを根本的に治療する方法です。外科矯正を先に行いその後に歯列矯正を行う治療の流れで、外科手術を伴うため難易度は極めて高く、矯正歯科であっても大学病院等の口腔外科との連携がなければ扱えない矯正方法です。

外科矯正を行う場合には外科手術を提携医療機関(当院でしたら関東の医療機関)で行い、歯科矯正を博多矯正歯科で担当して治療を行います。

 

 

 

 

 

このように、受け口には度合いがあり治療方法も度合いによって変わってまいります。

歯列矯正治療で受け口以外も同時に改善する場合は、治療方法が変わる可能性がございます。受け口の度合いや現状を詳しくお調べするには、精密検査を受けて頂き検査結果をもとに患者様に合った治療計画をご提案させて頂いております。

気になる方は、ぜひ一度カウンセリングにお越しくださいませ!