こんにちは、博多矯正歯科・歯科衛生士の山田です。

今日は歯のホワイトニングについてお話しをしていきます。

 

 

みなさん歯のホワイトニングはご存知ですか?

歯に薬液をつけて歯を白くする方法です。

ホワイトニングには三種類あり、ホームホワイトニング・オフィスホワイトニング・ウォーキングブリーチがあります。

 

ホームホワイトニング

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングからお話を初めていきます。ホームホワイトニングとは、歯科医院に何度も通わずに自宅でできるホワイトニングです。

もちろん自宅以外でも、道具と材料があればどこでも行うことが可能です。

マウスピースにホワイトニング用の薬剤を入れて装着することで、自分のタイミングで歯を白くすることができるという点が特徴です。

ホームホワイトニングのメリットは、

一度歯科医院でマウスピースの作成と薬剤の処方を受ければ、自分のタイミングでいつでもできることがメリットです。そのため仕事などが忙しくて歯医者さんに通えないという方に人気があります。

また、オフィスホワイトニングと比べて色素の分解が細かくなるため、色戻りまでの期間が長い(=色持ちが良い)と言う点がメリットの1つです。ゆっくり時間を掛けて白くすることで、歯の表面荒れも抑えることができ、透明感のある自然な仕上がりになります。

ホームホワイトニングのデメリットは、

マウスピースの装着時間は1日1回30分から長いもので就寝中ずっとなど様々ですが(※1)、白さに満足するまでは毎日使用することが勧められており、自分で行うのが面倒な人には厳しいかもしれません。

さらにホームホワイトニングをした直後は飲食物の色を吸収しやすい時間があり、白以外の色の付いた飲食物・タバコなどは数十分から数時間我慢する必要(飲食制限)があります。

また、歯科医師の手を使わず個人で使用ができるよう低濃度の薬剤を使用するため、オフィスホワイトニングに比べると1回の装着時間が長く、白くなるまでに掛かる期間も長くなる傾向にあります。

※メーカーや薬剤タイプ・濃度により一度の装着時間が異なります。

 

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニング

次にオフィスホワイトニングのお話をします。

オフィスホワイトニングとは、歯医者さんでおこなうホワイトニングのことです。

自宅でおこなうホワイトニングよりも高濃度の、ジェルやペースト状といったホワイトニング剤(主に過酸化水素や過酸化尿素)を使用します。

そのため、1回の施術でも効果が出やすいといった特徴があります。

オフィスホワイトニングのメリットは、

高濃度のホワイトニング剤と特殊な光線を使用するため、1回の施術でホワイトニング効果が得られることが多い。

セルフホワイトニングではできない白さを手に入れられる。

歯科医師や歯科衛生士が施術してくれるため、ムラになる心配がほとんどない。

施術中にしみるといった症状が出ても、対応する処置を施してもらえる。

事前に虫歯のチェックをすることで、自分では気づかなかった虫歯の早期発見や治療につながることがある。

事前に歯石の除去をすることで、口内環境の改善や歯周病の予防効果が期待できる。

オフィスホワイトニングのデメリットは、

自由診療(全額自己負担)のため、ホームホワイトニングやセルフホワイトニングと比べて費用が高くなることが多い。

使用するホワイトニング剤の濃度が高いため、人によってはしみるといった症状が出ることがある。

事前に虫歯の治療や歯石の除去を済ませなければならないことがあるため、希望するタイミングで施術を受けられないことがある。

短期間で白い歯を手に入れられるが、後戻りも早い場合がある。

また、CR(白いプラスチックの詰め物)・補綴物(被せ物)の部位はご自身の歯ではない為、色が変わりません。

 

ウォーキングブリーチ

ウォーキングブリーチ

失活歯(神経をとっている歯)は色が変わりにくい為、ウォーキングブリーチというホワイトニングをおすすめしています。

一般的なホワイトニングは歯の表面に薬液を塗布して白くしていきます、ウォーキングブリーチの場合は歯の中に薬液を入れ白くしていきます。歯の状態によりますが、約1〜3回で審美的に回復できます。

 

 

当院ではオフィスホワイトニング・ウォーキングブリーチのみ行っております。

ホームホワイトニングは行っておりませんのでお気を付けください。

 

気になる方はお電話でお気軽にお問い合わせください!