《矯正治療で抜歯が必要になる理由》

 

カウンセリングの際によくある質問としては

矯正するにあたって歯を抜く必要があるかどうか??ということです。

 

矯正治療の際、抜歯を行う大きな理由は、歯を並べる為のスペースを作ることにあります。

あごの骨が小さかったり、逆にあごに対して歯が大きかったりする場合には、

全ての歯が正しく並ぶことができず、歯並びが乱れてしまいます。

そうした歯並びの場合にはまず歯が並ぶためのスペースを作る必要があります。

 

~椅子取りゲームをイメージしてみましょう~

矯正治療と抜歯の関係を説明するときによく使われる例えが「椅子取りゲーム」です。

 

歯は歯槽骨(しそうこつ)というU字型の骨の上に生えています。

歯が大きかったり本数が多かったりする場合、また反対に歯に対して歯槽骨が小さいなど、この歯が並ぶスペースが無い場合は、4人の人が3つのイスに座れないのと同様に歯がきれいに生えることができません。

 

その状態を改善するため、

「イスを増やす方法」が抜歯を伴わない矯正治療で、

「座る人を減らす方法」が抜歯を伴う矯正治療です。

EXT

 

《抜歯をしない場合の「スペース」の増やし方》

 

ここでは、抜歯を行わない場合のスペースの作り方を説明していきます。

これには大きく3つの方法があります。

 

1奥歯を奥へ移動させる

遠心移動

奥歯を更に奥に移動させることでスペースを作り出し、

歯が収まる場所を作ります。

その際、トラブルの原因になりやすい「親知らず」は基本的に抜歯します。「抜かない」とは「親知らず以外の歯を抜かずに治療を行うこと」とお考えください。

 

2歯列の幅の拡張

拡張

歯が生えているU字型の骨(歯槽骨)の範囲以内で歯列のアーチをごくわずかに広げ、スペースを作り出します。

アーチを広げるのは僅かなので顔の輪郭が大きくなることはありませんが、できるスペースもわずかなので、凸凹が大きい場合は適しません。

 

 

3歯を僅かに削って拡張

IPR

歯の表面にあるエナメル質を僅かに削ってスペースを作り出します。

削る厚みはわずか0.2〜0.6mmでエナメル質の厚みの半分以下のため、

虫歯や知覚過敏を誘発することはありません。

しかし、抜歯ほど大きなスペースは作れないので、軽度の症例でのみ活用できる方法です。

この方法はディスキング(ストリッピング・IPR)と呼ばれています。

 

 

《矯正治療で抜歯をしないメリット/デメリット》

 

抜歯をしないメリット

矯正治療で歯を抜かないことのメリットは、そのまま「健康な歯を残せること」となります。健康な歯をできるだけ残していれば、将来的に虫歯や怪我などで歯を失うことになっても治療方法の選択肢が広がります。

 

矯正治療で抜歯をしないことのデメリット

・歯肉退縮のリスク

・口元や横顔の改善は難しい

・重度の歯列不正への対応が難しい  などが主に挙げられます。

全てに関係することは抜歯をせずに行う矯正治療は適用できる症状が狭いということです。少しでも無理をして抜歯をせずに矯正治療を行うと、上に挙げたようなリスクを伴います。

 

 

 

 

歯肉退縮について

歯肉が下がってしまう症状(歯肉退縮)は矯正治療全般で起こりうるリスクではありますが、狭いスペースに無理やり歯を並べようとすることで、歯茎に負担が掛かり、歯茎が後退すること(歯茎が下がって歯が長く見えてしまう)もあります。

※歯肉退縮にはその他の原因もあります。

 

Eラインについて

以前もブログでお話したように「きれいな口元」のひとつの基準としてはEラインと呼ばれるものがありますが、抜歯をしない場合、理想的なEラインの実現(口元の改善)が難しくなります。

 

 

 

《最後に》

このように、お口の中の状態によって

抜歯が必要な方、そうでない方がいらっしゃいます。

 

博多矯正歯科では、少しでも患者様のご要望に近付けられるように

詳しい検査やデジタルでのシミュレーションを行い、しっかりと相談をしながら治療方法を決定していきます。

 

矯正を始めるにあたって不安なことは多いと思いますが、

わからないことがあればいつでも相談してください♪